クレジットカードを持つには審査がある

「クレジット」とは「信頼」ということ


クレジットカードのクレジットという言葉は「信頼」という意味がありまして、持っている人は「決済することに信頼できる人」という証でもあるのです。
新しく作る際には審査に通らなければ、作ることはできません。
なぜ審査を通さなければならないのかと言いますと、ちゃんと支払うことができる人なのかどうかをしっかりと確かめなければならないのです。
買い物をするときに、カード会社が代わりに立て替えて支払うわけでして、言葉を変えて言いますと、お金を貸していることでもあるわけなのです。
なので、代わりに立て替えて支払った金額を、ちゃんとあとから利用者に支払ってもらわなければ、カード会社も破綻してしまいます。

クレジットカードの審査に通るには信頼できる収入があることです

では、どのような人が審査を通すことができるのかと言いますと、やはり、毎月安定した収入がある人が主でして、正社員として働いている人は、まず審査を通過しやすい人となります。
アルバイトで働いて収入がある人でもクレジットカードを作るために審査を通すことができる場合もあるのですが、カード会社によってはアルバイトでしたら審査を通さずに落としてしまうところもあったりします。
アルバイトは正社員と違いまして、突然辞めたり、収入がゼロとなってしまう可能性が高いこともあり、審査が通らないところもあるわけなのです。

アルバイトでも通るクレジットカードはあります

つまり、毎月の収入が安定しているのかどうか、カード会社によって判断が変わってくるということなのです。
なので、審査を通しやすくなるようにするためには、毎月の安定した収入を得られるようにしていくことが必要となるわけでして、早い話が正社員として働いていくこと、そのほか、専門家として必要収入を得られる人になることを獲得しなければならないのです。